マリア・マルダーを観てきた

気づけば3年ほど放置してました。久々に更新します。 6/8(土)マリア・マルダーのライヴをビルボードライヴ東京で見てきました。 ライヴの前に旧友と新橋で昼飲み。昔のバンド仲間達だ。またいつもの昔話で大盛り上がり。 そして六本木へ。 マリア・マルダーは新譜をリリースしたばかりなので新譜の曲をメインに演るのだろうと思っていた。 と思いきや、ソロデビュー当時のMidnight at the Oasisも演ったし、一番聞きたかったCajun Moonも演ってくれた。マリア・マルダーのアルバムは5〜6枚持っているが、’78年リリースのこのアルバムが一番好きだな。ケイジャンムーンはこのCDに入っている。このアルバムの数年後にもケイジャンムーンを吹き込んでいるけどこのSouthern Windsに入っている方が好き。エイモス・ギャレットのギターが良いんだこれがまた。 今回のライヴ直前にドクター・ジョンが亡くなったが、マリア・マルダーはドクター・ジョンともよく共演していた。ステージでもドクター・ジョンの話をしてくれた。あぁ、英語がもっと分かればなぁ… ライヴ後はつくばの娘夫婦宅にお泊り。久々に孫ともご対面。元気で何よりだった。 良い気分転換の旅だった。

続きを読む

2016/4/1 テデスキ・トラックス・バンド 武道館公演観てきました!

2016/4/1 テデスキ・トラックス・バンド 武道館公演最高でした! ※以下画像はTedeschi Trucks Bandのfacebookから転用してます。 先行予約の発売直後に購入したけど席は端の方でした。これはちょっと残念。予約順と席順は関係ないようですね。 前回テデスキ・トラックス・バンドを観たのは2年前の2014年の2月。その時は渋谷AXでオールスタンディング。さすがにこの歳でオールスタンディングはきつかった。今回は座って観られると思っていたけど、なぁに1曲目始まった途端武道館総立ち! 客層は幅広く、20〜30代から60代も。見渡した感じでは若者より熟年層が多かったように見えた。 そして時間通り始まりました。1曲目は “Made Up Mind” これはまぁ予想通り。 そして、“Bound for Glory”新譜から“Don't Know What It Means”“Midnight in Harlem”と快調に飛ばしていき、あっという間の2時間。 セットリストは下の方に載せましたが、新譜「LET ME GET BY」のナンバーを中心に過去のアルバム「REVELATOR」「Everybody's Talkin」「MADE UP MIND」の中から、それぞれいいとこ取りの選曲だったと思います。 それにしても、スーザン・テデスキのヴォーカルは生で聴くと本当に力強い。 デレク・トラックスのデュアンオールマンを発展させたような指弾きボトルネックは勿論神業だし、ボトルネ…

続きを読む

B-OUT SIDE デビューライヴ!

2016/3/26私のバンド「B OUT SIDE」デビューしました!ギタートリオのインストバンド 会場はお馴染みのブレアンディ。TAXI & DIRTY OLD MEN と対バンさせていただきました。  レパートリーは、ブルース、R&B、SOUL、等を中心に。 この日のセットリスト↓My Mama Told Me SoJosieAfter HourssunnyLovin' YouPut It Where You Want It アンコールGeorgia On My Mind

続きを読む

ボニーレイット新譜 Dig In Deep

Bonnie Raittの新譜「Dig In Deep」が届いた! 良い!ガチャガチャしてなくて、タイトでクール。 まだまだ歌も全然衰えてない。姐御健在です! もうね、Bonnie Raittが、好きで、好きで。アルバムは全てではないけど殆ど持ってます。 是非来日して欲しいんだけど、日本ではイマイチ人気がないのだろうか。もうそんなに若くはないから是非来日して欲しいものだ。

続きを読む

ホトケ&コテツ 盛岡ライヴ

2016年2月10日 昨年11月にBTBで来盛した時に決定した今回のホトケ&コテツライヴこのブルースを知り尽くした二人によるブルースデュオ、良かったすよー。ローリングストーンズや、レッドツェッペリンなどの白人ロックアーティストが取り上げたブルースナンバーを紹介したり。昔から思っていたけど、ホトケは曲の紹介が凄く上手い。そのアーティストのことや歌詞の内容から想像するその曲に登場する男と女の関係等々。レッドツェッペリンがカバーしていた「You Shook Me」の紹介にはウケました。 BTBに継ぎ今回もライヴは大盛況でした。 オープニングアクトは前回も出たTaxi & Dirty Old Men そして最後アンコールは、ホトケ&コテツとTaxi & Dirty Old Menのセッション。 そしてなんと、アンコール1曲目が始まったところで、私、Dirty Old Menの調子さんにステージに引っ張り出され、調子さんの代わりにセッションに参加させていただきました。これにはビックリ。 今回も打上は大盛上がり!とてもここでは話せない話題で盛り沢山。またまた、楽しい夜でした。 永井ホトケ隆のTwitterよりhttps://twitter.com/burnet6629/status/697568116822265856

続きを読む