【ジザニア製品のネット通販はこちら】
ジザニア専門店ジェシカ 新規会員受付中!

2014年01月08日

新年早々、人間ドックを受けてきました。

新年迎えて1週間。
ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

お正月気分も抜け、いつもの生活に戻りましたが、今日は朝から半日人間ドックを受けてきました。
IMG_0419.jpg

私は、個人事業主なので国保なのですが、国保の人間ドックというのがあって、国保の加入者はこれを受ける時に申請すると市から助成金が受けられるのです。知ってました?
私の住んでいる盛岡市では2万円の助成金が受けられます。

でもって、我が家は生協に加入している組合員なのですが、生協がやっている病院(医療生活協同組合)というのがあって、ここで受けると生協の組合員は一般より割安で人間ドックが受けられます。

私が受けた病院は、半日人間ドック料金が一般は38,850円ですが、生協の組合員は21,500円で受けられます。
更に、国保なので市から助成金が20,000円。
ということで実費はなんとたったの1,500円。

半日ではありますが、1,500円で人間ドックが受けられるなんてありがたいことです。
今回はオプションで前立腺がん検査とピロリ抗体検査も受けたので6,000円でした。

検査が終わった後は食事も出ます。
IMG_0421.jpg
ヘルシーなメニューです。

この病院で人間ドックを受けるようになってもう何年になるかなぁ。

数年前に比べてだいぶ楽になったのは、眼底と眼圧の検査。
数年前までは、始めに少しドロッとした液体を目に挿してから、球体の器具に顔を突っ込んで検査をしていたのだけど、この検査の後しばらくの間は目がチカチカしてまともではいられない。
この状態で車の運転は危険なので、1時間位待ってから帰ったものだが、これが今では簡単になり、目がチカチカすることもなくなった。

IMG_0422.jpg

肝心の検査の結果は約3週間後。
無事であることを祈ります。

posted by ジェシカのパパ at 17:42| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

恐ろしや、手足口病。


イベントでライヴ出演して楽しかった9月の連休直後に、39.3度の高熱が出てノックダウン。
それからとんでもない悪夢の1週間が始まった。

高熱によるバタンキューした後、身体のあちこちに異変が…(・o・)

熱が下がってきた2日目、風邪のせいで喉が痛いのだとばかり思い込んでいた。
が、鏡で口の中を見てビックリ。
喉付近に多数の発疹が… (@_@;)

その様子を見た息子の嫁が、「あ、もしかしてそれ…!」と言われて判明したのが、なんと、孫から感染した“手足口病”

今年の手足口病は、感染してから潜伏期間が3〜4日間。
その後いきなり39度以上の高熱が出てノックダウンし、熱が下がると手足口や身体のあちこちに赤い小さな発疹が出て、この発疹が痒くて痛くてたまらないという。

孫はもう治癒している。
時系列と自分の症状がぴったんこ。


口内にできた発疹のせいで水を飲むのも痛い。ましてや固形物なんて…
でも腹が減って食べる。痛い。喉渇いて水飲む。痛い

足裏の発疹は、朝の時点では両足各指の裏だけだったのが、夕方見たら足裏全体に広がっている。
歩く度にちょっと痛くて、ちょっと痒い。
この「ちょっと」というのがどうにもこうにも、
ぇいんずいこと、ぇいんずいこと…
足の指って、歩く度にずいぶんと微妙に一生懸命動いているのがよく分かったよ。

その晩には手にも発疹が出てきた。

息子の嫁は、子供が発症中毎日ず〜っとプロポリスを喉につけていたので、されが予防策になり感染しないですんだもよう。
オレはその間、毎日欠かさず喉にビールや焼酎を流し込んでいたが、飲みが足りなかったようだ。

でも「孫から移ったんじゃ、しゃーねーな」というのと、
まぁ、いろいろな「な〜んだがなぁ〜?」が一発で判明したので、何故かblueな気分は消えて、気持ち的にはなんかスッキリ。

================
手足口病には特別な治療法はなく、ワクチンもありません。主な感染経路は飛沫感染や接触感染なので、手洗いとうがいをしっかりと。
そして『疲れたな』と感じたら無理せず休養を。
================
との事です。
ハイ、分かりました。

と安静にしていた3日目、熱が下がってきた。

と思ったら、今度は左足首がズキズキと痛みだしてきた。
足を地につく事が出来ず、慌ててステッキ買ってきてもらい、生まれてはじめて杖突歩行。

5日目、やっと足の痛みが治まると今度は激しい頭痛にうなされる。

7日目になってやっと回復の兆しが見えてきた

やれやれしんどかった。

結局喉の発疹による傷みは1週間続いた。
おかげで、1週間禁酒という大偉業も達成。


完治したらこれで快気祝いするぞー!
1382542_559279844139372_1169093642_o.jpg
あぁ、早くフタ空けてーなーっと、これを見て自分を励ます。



そして夕べやっと解禁!
1376704_559920920741931_967571020_n.jpg


なんたって1週間も飲まないなんて、この数十年間なかったこと。
そんわけでこんだけ飲んじゃったぜ(^^);
1372056_559920717408618_1554820575_o.jpg






皆さんもお気をつけ下さい。
大人の手足口病はとてもタチが悪いです。
特に身近に小さなお子さんがいらっしゃる方は要注意です。




ラベル:手足口病
posted by ジェシカのパパ at 17:51| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

ほぼ直りました!

右耳が「突発性難聴」と診断されてから今日で1週間。
毎日注射と薬を飲み続け、本日再検査。

低音域は直っていた。高音域がまだ若干難聴のようだが、1週間前よりは良くなっていて生活には支障がなく違和感も全くない。

あ〜、ホッとした。

なんか変だと思ったらすぐ医者にいった方が良いですよ。
1週間以上も放っておくと直りにくくなるそうです。


低音域の難聴は自覚症状が分かりやすく、早めに治療をはじめると直りやすいそうです。
ただし、再発することも多いとか。

高音域の難聴は自覚症状が分かりにくく、直りにくいそうです。


posted by ジェシカのパパ at 09:57| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

突発性難聴


2日前の夜、夕食後くつろいでいたら、突然右耳に違和感。
わずかに小さく「サー」という音が聞こえはじめた。
ラジオやステレオなどが無音状態の時にボリュームあげた時のような音だ。

痛くはない。水が入ったわけでもない。でも変だ。
一晩寝たら直るかもしれないと思いその晩は寝た。

翌日、やはり変だ。
すぐ近所の耳鼻科へ。

「うーん、髪の毛が耳の奥に入ってますね。これが犯人かなぁ… はい、取れました」
と約2cm位の自分の髪の毛が入ってました。

ほんのこれ位でも違和感があることがあるらしい。

「念のため、難聴の検査をしてみましょう」

別の部屋でヘッドホンをあてての検査。

「ボンボンボン」「コンコンコン」「キンキンキン」
と、低音域、中音域、高音域、の小さい音が聞こえたらボタンを押す。
両耳を検査。

「検査して良かったです。難聴になってました。これは“突発性難聴”ですね」
「は? え?」 ガ〜ン…

ビックリ。
まさか。
あまりにも突然で、思いもしないこと。

低音域、中音域、高音域の何れも左耳より右耳の方が、難聴と判断されるボーダーを下回っていた。


突発性難聴とは?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%81%E7%99%BA%E6%80%A7%E9%9B%A3%E8%81%B4
http://www.nanbyou.or.jp/entry/164


医者が言うには、
原因は不明で、突発性難聴になった人の話を聞くと、発症前に疲れ、ストレス、寝不足、環境の変化、という人が多いらしい。
いずれも心当たりは無いけどなぁ…


発症したらすぐに治療を受けると治癒しやすく、“なんか変だなぁ…”のまま1〜2週間も放っからかしてからの治療だと治癒しにくいらしい。

また、特に低音域が聞こえない場合は治癒しやすく、高音域が聞こえない場合は逆に治癒しづらいそうです。
僕の場合は前者。
発症してすぐに治療をはじめたので治癒しやすいパターンだそうだ。

治癒すると再発はしないようなこともネットで見かけた。

というわけで、しばらくは毎日注射と薬。
注射は大嫌いだが、しゃあないな。

今のところは特に聞きづらいという感じもなく、耳鳴りもほぼ無い。目眩もしない。

歳とるとね、ほんとにね、もうね……。





posted by ジェシカのパパ at 12:46| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

久々のスポーツジム



今日、久々にスポーツジムで運動してきた。
いやー、それにしてもちょっと行かないだけで、ずいぶんと筋力が落ちるもんだ。



サラリーマンの頃は、会社の帰りによく通っていたが、職場が自宅になってからは、わざわざ出て行くのが億劫になり、週に3~4日通っていたのが、週に一度になり、やがて2週間に一度行くか行かないかになっちまった。



やっぱり、運動して体を動かすと気持ちいいなぁ。

なんて思いながらマシンで走っていたら、フッとタバコの匂いがした。
隣のマシンで走っていた男性の体から発する匂いだった。
口からではない。体全体からタバコの匂いを発していた。

ジム内で嗅ぎたくない匂いだ。
運動しながらすごく不快だった。



まぁ自分も昔はタバコを吸っていたので、あまりなんだかんだと言いたくはないが。
吸っている本人は気付かないもんなんだよな。タバコの匂いって。

健康のためにジムに通っていると思うのだが、ジムを出た後はタバコぶかぶかなのだろう。


ん?
酒はいいのかって?
さ、酒は、なんだそのー、
「酒は百薬の長」と言うくらいだから…
いいんでないの…

写真 12-06-14 9 38 41.jpg




ジザニア 太陽と水の恵みエキス-32

32種類の天然原料で栄養補給

ラベル:スポーツジム
posted by ジェシカのパパ at 23:27| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。