自作ボールスピナー だよ

電動刃物研ぎ器を改良したボールスピナー。 このスピナーをもう3年近く使用している。 リョービの電動刃物研ぎ器を利用したモノも結構使われているけど、 このメーカーの方が値段が少し安かった。 耐水ペーパーを使い、風呂場で水をかけながら使っている。 ボールに水をかけてやらないと、削った粉がボールにもペーパーにも目詰まりしてしまうからな。 ↑こんな風にして。 周りに水が飛び散るのでレンジフードみたいなモノで囲ってやるとよい。 ↑小さな傷はとれるし、かなり重宝してる。 アブラロンはすぐへたってしまうので、耐水ペーパーのほうが割安。 #400→#600→#1000→#2000 あとは、しっかり天日干し。 乾いたら、ボールによってはもう一度スピナーに乗せ、 ファクトリーフィニッシュポリッシュ。 ポリッシュもばっちりピカピカに。 フックイットを塗り込むもよし。均一に塗れます。 制作費約8,000円。 通っているセンターでは、サンディング2,000円なので、 もう充分もとはとれてるし、 やった後はボール動きがよくなるっす。 マメにやっていればボールの寿命も長くなりまっせ、ダンナ…。

続きを読む

体幹を意識するんだーー!

 2日前の日曜日にオイラが所属しているボウリング団体の県大会があった。 6ゲームの大会だったけど、前半落としすぎで、後半もスコアが伸びず、長~いスランプから抜け出せないまま惨憺たる結果でした。  もう1年以上もジムに通い、筋トレもしてパワーアップしているはずなのだけど、それとボウリングのスコアとは比例しないというか、意識して使う部分が違うんでしょうな。  以前よりジムのトレーナーから、言われていたことがある。 「体幹を意識して鍛えなさい。」と。  投球に関しては、筋力もさることながら、タイミングとかバランスが大事で、このタイミングとかバランスというのは、体幹をしっかり作ることによって安定するようだ。  そこで最近、投球動作に入ったら、手首や腕、足よりも体幹だけを意識するようにしている。すると少しはフォームが安定する。  今までは、どうしてもリリースの瞬間に親指をああして、こうしてとか考えることが多かったのだけど、そうすればするほど安定しない。  アプローチに立ったら、手や足といった身体の動きをイメージし、そのあと、「 タ イ カ ン 」と念じ、体幹に意識を集中させて1歩目を踏み出す。てな感じ。  でも、良いスコアは出せませんでした。ザンネンーーーーーー

続きを読む

不調の1年

今年は何とも不調の年です。 ボールの重さを15Pから14Pに変更し、スピードアップに取り込んだ今年でしたが、不調のまま1年が終わろうとしています。 2月頃からなり始めた五十肩の痛みを少しでも和らげようと3月からスポーツジムに通っており、だいぶ筋肉はついてきたけど、ボウリングの方は相変わらず不調のままです。

続きを読む

ハンドメイド ハンドスピナー

暇つぶしに作っちゃいました。 ハンドスピナー 市販されているものは定価3,000円くらいですが、 こちらは100円ショップの木製の皿、 ホームセンターで買ってきた両面回転板、と板 で製作費約1,000円 ちゃんと回っております。

続きを読む

手入れの効き目は3ゲーム?

連休中に手作業でサンディングしたボールを大会で早速使ってみた。 使ったのは「ロードホグマックス」と「ランページ」 「ロードホグマックス」は3工程に分けて仕上げは1000番 「ランページ」は4工程で4000番仕上げの後、センターのZOTで4分間ポリッシュ加工。 大会前に2ゲーム投げて様子をみた。 レーンは適度に速く奥もまぁまぁのキレ具合。 どちらのボールも見ちがえるようによく噛んで動くようになった。 「よしこれならまた使えるかな」と6ゲームの大会に挑んだ。

続きを読む